おかげ様で11年。これからも安心のエクステリア施工。

エクステリア専門家
確かな品質 確かな提案
コウケンNET スタッフ

住まいのお悩み解決

リクシルのサンルーム

コウケンNETでは、リクシルのサンルームをすべて取り扱っております。少し前の話ですが、リクシルは「トステム」と「東洋エクステリア」のサンルームを取り扱っていましたが、徐々にリクシルのサンルームも出始めています。では、現行の商品をご紹介します。(過去の商品名の整理をしておきます)

※「トステム」と「東洋エクステリア」はリクシルと合併しておりますので、現在ではどちらも「リクシルのサンルーム」と言っても間違いではありません。

テラス囲い「サニージュ」

テラス囲い「サニージュ」

トステムの「ほせるんです」と東洋エクステリアの「サンクテラス」を進化させた、リクシルのテラス囲い。

「テラス囲い」とは、厳密にはサンルームではありません。サンルームはお部屋として使用することを想定していますが(気密性、水密性が高い)、テラス囲いは簡易的なサンルームという位置づけで、サンルームほど気密性、水密性が高くありません。

とはいっても、通常の雨で雨漏りなどはしません。ただ、台風などの暴風雨の際は、テラス囲い内に雨水が入ってしまう恐れはあります。その為メーカーでは「居室として使用することはできません」という表示やアナウンスをしています。メインは「洗濯物干し場」などの用途を想定していますが、実際のところは、居室のように使用している方もいらっしゃるようです。

リクシルの「サニージュ」は、最も売れている囲い商品です。サンルームよりもお手軽にお家の拡張ができます。また加工も柔軟に対応できます。

ガーデンラウンジ「ココマ」

ガーデンラウンジ「ココマ」

最近人気が急上昇のガーデンラウンジ、様々な納まりができるココマ。

「ガーデンラウンジ」とは、お庭を中心に考えて「お庭の中に囲いを作る」という発想です。その為、ガーデンラウンジは気密性、水密性はありません。

ココマの特徴ですが、すべて囲う「ガーデンルームタイプ」、前面だけ囲う「サイドスルータイプ」、屋根と柱だけの「オープンタイプ」など、様々な形状から選べます。

また、腰壁タイプもご用意しており、デザイン性はトップレベルの商品です。ライトや目隠し、カラーなどオプションも充実しており、こだわりのガーデンラウンジが実現できます。

ガーデンラウンジ「ジーマ」

ガーデンラウンジ「ジーマ」

正面、左右をすべてオープンにできる、開放感が心地いいジーマ。

開口部は、折れ戸式になっており、パタパタと折りたたみ、そのまま横にスライドさせて全開にすることができます。ガーデンラウンジは高級感があり、実物を見ると本当にいい商品だなぁと思えます。

リクシルのショールームに、ガーデンラウンジを展示していることが多いので、お近くのショールームに問い合わせをしてみてください。

ガーデンラウンジ「暖蘭物語」

ガーデンラウンジ「暖蘭物語」

高級な囲い商品の代名詞、東洋エクステリア系の暖蘭物語。

細かなバージョンアップはあったかもしれませんが、商品名が変わるほどの変化はここ数年なかったと思います。トラディショナルスタイルやコンテンポラリースタイルなど、上品でかつ高級なデザインが特徴の囲い商品です。

当店では自動見積りは搭載しておりませんが、現場調査から工事までメーカー施工で承ることができますので、お気軽にお問い合わせください。

テラスの派生「スピーネストックヤード」

テラスの派生「スピーネストックヤード」

加工性が高く、様々な納まりに対応できる、これから期待のスピーネストックヤード。

リクシルのサンルーム特集に載せるかどうか悩みましたが、囲い商品の仲間ということでご紹介しておきます。テラス屋根という商品ジャンル(いわゆる庭に屋根)の中に、「スピーネ」という商品があります。

このスピーネの前面と側面を、屋根材と同じポリカーボネートで囲ってしまう商品が「スピーネストックヤード」です。今回ご紹介した囲い商品の中では最も新しい商品です。気密性としては、ほぼありません。お家の「物置の拡張」というイメージです。

このページのまとめ

以上、リクシルのサンルームとして、囲い商品全般を駆け足でご説明しました。ご要望に合う商品はありましたか?お値段や性能を考えると、やはり一番売れている【サニージュ】がおすすめです。旧商品よりも気密性は上がっているという話も聞きます。(メーカーが正式に公表していないようなのでこのような表現でとどめておきます)

▼ 概算金額を計算できます ▼
コウケンNETスタッフ

エクステリアの専門家の私たちにお任せください。

  • 満足度92.4%
  • 選ばれて11年
  • サービスNo.1
しつこい営業はしません。
お気軽にどうぞ。お問い合わせページ