おかげ様で11年。これからも安心のエクステリア施工。

エクステリア専門家
確かな品質 確かな提案
コウケンNET スタッフ

住まいのお悩み解決

窓リフォームで賢く、暑さ寒さ対策

お家に窓が多いと、そこから熱気、冷気の出入りが多く部屋全体の温度がかわります。熱はこのような開口部から58%も流出することがわかっています。お家の断熱性能をアップさせたいお客様へ、コウケンNETでは窓シャッターと内窓の組み合わせをオススメしています。

窓シャッター+内窓で二重対策する理由

断熱対策

内窓にLow-E複層ガラス(高遮熱型)を利用すれば、それだけで遮熱性能、断熱性能はあがります。一般的にはこれに外付けの日よけ(オーニングやよしず)を利用して遮熱効果を上げます。日よけと比べると窓シャッターは太陽からの直射がなくなるのでより遮熱性能は高いです。ただ、可視光線も遮るので部屋が暗くなってしまいます。

それでも窓シャッターをオススメする理由は冬でも活躍するからです。冬の冷たい風が直接窓にぶつかると外から冷気が入ってきます。部屋を暖めてもすぐに温度が下がってしまいます。窓シャッターがあればその冷たい風を遮ることができます。直接窓に風があたる場合と比べ、部屋の温度も下がりにくいです。窓シャッターならオールシーズン使えます。

窓シャッターは電動がオススメな理由

電動の窓シャッター

窓シャッターと内窓の組み合わせなら、電動シャッターをオススメします。内窓があるから普通の窓より開け閉めがさらに面倒ですが、電動ならそのような煩わしさはありません。また、開閉時の音や、虫の侵入、手が汚れたりもしません。

タイマー付きリモコンなら、夏日射しが強い時間だけシャッターを降ろしたり、冬なら暖房を利用しない就寝時間だけシャッターを降ろしたりを自動で行うことができます。

実際に設置したお客様の感想

コウケンNETでは、リフォーム窓シャッター、内窓・二重窓の施工実績が多数あります。ここでは実際に施工したお客様の声を掲載しております。この他の種類の窓シャッターの施工実績二重窓の施工実績もございますのでぜひご覧下さい。

  • 東京都 T様邸東京都 T様

    防音断熱のため二重窓にしたのですが、スライド式の雨戸では二重窓を開けて、 網戸も開けて、それから戸袋に入っている雨戸を一つ一つ引き出す必要がありました。南向きの庭に面した窓の大きさがかなり大きいので、この作業は大変で実質的に使えません。後付の電動式シャッターを知って、これだっ!と思いました。二重窓の外側ということもありますがたいへん静かで、作動しているかどうか 耳を澄ませてやっとわかる程度です。 永くこのまま静かであればいいと思ってます。大変満足しております。

  • 北海道 M様邸北海道 M様

    設置前は外気が-5度位になると結露が酷く、足元にも冷気を感じました。 設置後は最低気温が-13度でも窓の下に一筋ほどの結露があっただけでした。 冷気もかなりなくなりました。この違いは大きいです。

オススメ商品はこれ

コウケンNETがオススメする窓シャッターと内窓の組み合わせを紹介します。窓シャッターは弊社一番人気のイタリヤ。もちろん電動仕様でタイマー機能がついたものを選んでいます。内窓はインプラス。ガラスはLow-E複層ガラス(高遮熱型)がオススメです。

▼ 概算金額を計算できます ▼